造成・土木工事

■造成工事のポイント

○造成工事って?
造成工事とは、宅地用に、土地の形質を変更させる工事のこと。
山や傾斜、溝、窪地といった、さまざまな地形を整備することで、地盤を最適化。
土地の状態に合わせて、切土や盛土を行い、丈夫な基盤を造りあげます。

○入念な地盤調査・強度確保
住宅入居後のトラブルで多いのが、“地盤の不同沈下”です。
実は、100件に1件以上の割合で発生しているという、調査データが出ています。
ですので、綿密な地盤調査と必要に応じた地盤改良工事というのは、とても重要なのです。

▼造成工事の流れ▼

【1】重機搬入
まず、現場に重機を搬入いたします。

【2】掘削・残土処分
掘削作業で、土中にある排水管やゴミなどを取り除き、残土処分を行います。

【3】残土回収・運搬
その後、処分した残土を回収して運搬。

【4】土の搬入
新しく土地造成に利用する土を搬入いたします。

【5】締固め・整地工事
搬入した土を利用して、何度も整地を繰り返します。
さらに、重機のキャタピラで圧力をかけ、締固めていきます。

【6】法面施工
法面とは、切土や盛土により造られる、人工的な斜面のこと。
これを整形して、土が崩れるのを防ぎます。

【7】造成工事の完了
仕上げの整地を確実に行い、現場から重機を引き上げて工事完了です。

 

■暮らしを支える土木工事

土木工事というのは、地域の方々の暮らしに密接に関わる、インフラ工事です。

例えば水路工事。
雨水や用水等を流すための側溝を造る工事で、確実に施工を行わなければ、台風や大雨の影響による雨量の増加で排水がうまくいかず、冠水や浸水を引き起こす可能性が出てきます。
床下への湿気対策や、庭や外回りの地盤を守るためには、必須の工事です。

その他にも、
・私道を整備して凹凸を無くしたい
・駐車場を拡大した
・家の前の段差を無くしたい
・タイヤ止め、よう壁、フェンスを取り付けたい
・農地を埋め立てて、田んぼを畑にしたい
など、さまざまなご要望に、柔軟にお応えいたします!

▼こんな土木工事に対応▼

○道路改良工事
○公園工事
○河川工事
○上下水道工事
○水路工事
○法面工事
など

小さな工事から対応可能です。
また、このページに載っていない土木工事でも柔軟に対応いたしますので、まずはお気軽に当社までご連絡ください!

【代表直通】090-9020-9411
【事務所】054-296-6747
【営業時間】9:00~18:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】静岡県中部を中心とした近隣エリア

一覧ページに戻る